廃棄物の捨て方と出し方

廃棄物のことなら東郷町の株式会社Kクリーン トップページ
基本的に廃棄物はごみとして捨ててしまいます。物によってはリサイクルに活用できるといって、指定された業者の方が引き取ってくれるという場合もあります。
私自身も、プラスチックや段ボールといった廃棄物を処理する際に知り合いの業者の方に頼んでいます。たまにこういった廃棄物を買い取ってくれることもあります。プラスチックや古紙は特にリサイクルして再活用できることが多いとの事で、捨てるのはもったいないと聞きました。
場所によっては捨てるのにお金がかかってしまうとこもあります。私の地域では、特殊な廃棄物でない限りは無料で捨てたり出したりすることが出来ます。ですが、ちょっとした金額ですがお金に代えてくれる業者もあるので、捨てるよりは業者の方に出した方がお得なのかなという感じはあります。その分、捨てるタイミングを逃してしまったり少々面倒なこともたまにありますが、環境のためにも良いのでできるだけ再活用していただきたいと思い廃棄物を捨てないようにしています。

Posted in 未分類
コメントは受け付けていません。

私が住んでいる地域での廃棄物の処分の仕方について

家庭でも職場でもそうだと思いますが、捨てるのはもったいないとは思いつつ、それでもやっぱり出てしまうのが廃棄物というものですよね。廃棄物には種類があるようですし、また、廃棄物の捨て方って、地域によって違う場合もあるって聞いたことがあるんですけれども、みなさんがお住まいの地域では、廃棄物をどのようにして処分することになっていますか?

そういう私が住んでいる地域は大阪なんですけれども、これが地域独自の処分の仕方なのか、全国的にそうなのかはわかりませんが、いつもこのようにして処分しています。
と言っても、廃棄物は廃棄物でも、産業廃棄物ではなくて、家庭から出る一般廃棄物の捨て方しか知らないんですけれどもね。
つまり、会社から出る廃棄物の類に関しては、別のやり方で処分するようになっているということです。

大阪の場合で、家庭から出る一般廃棄物の場合ですと、まずは粗大ごみ収集受付センターというところに連絡して、申し込むようになっています。
廃棄したいものや自分の連絡先、回収希望の場所などを伝えると、どの廃棄物にはいくらの手数料がかかると教えてくれますので、粗大ごみ処理手数料券というものをスーパーマーケットやコンビニなどで購入して、廃棄したいものにそれぞれ貼っておきます。
そして、指定された回収してくれる日時までに出すという流れです。

粗大ごみ収集受付センターのホームページもあって、結構親切にわかりやすく書いてくれているので、とっても便利です。
廃棄物を処分するとなると、億劫になりがちだった私だったんですけれども、大阪に引越して来てからは、お陰でこまめに処分するようになりましたよ。

Posted in 未分類
コメントは受け付けていません。

産業廃棄物を出すとお金がかかる

良く、工事をしていると、色んなごみが出てきて、それをトラックが引き取りに来る光景を見ることがあります。あのようなごみは普通の場所では受け入れていませんので、それなりにお金がかかってしまいます。どれくらいかかるかは、引取りの会社によって多少の違いがありますが、そんなにって思うくらいの金額です。

仮に、家の中の不用品で、家具があったとすると、大きな家具でも産業廃棄物で持って行ってもらうと、5000円以上はかかるらしいです。家具なんかは、捨てたければ、市で引き取ってもらったほうが、安上がりです。大きな家具でも数百円で持って行ってくれるときもあります。

家具でも電化製品でもそうですが、使えそうなものは、リサイクルセンターに頼むのもいいと思います。使えれば、安くてもお金になるときがあるので、損をすることはありません。捨ててしまえばそれまでですが、売ればそれなりになれば、売ったほうが得です。売るのが面倒だと思えば、廃棄物として出すのもいいでしょう。

Posted in 未分類
コメントは受け付けていません。